嫌韓書店Top >  在日 >  喪家の狗(そうかのいぬ) 実録!在日中国人残虐犯罪

喪家の狗(そうかのいぬ) 実録!在日中国人残虐犯罪

喪家の狗(そうかのいぬ) 実録!在日中国人残虐犯罪
田 雁
喪家の狗(そうかのいぬ) 実録!在日中国人残虐犯罪
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 448125位
おすすめ度:
発売日: 2004-09-01
発売元: 宝島社
発送可能時期: 通常3〜5週間以内に発送

日本行き=大富豪?何ソレ
金持ちになれる・裕福になれると信じて、日本へやって来てなったのは犯罪者。

負け犬として故郷に恥を晒し、後の人生は金持ち所かドン底の貧乏人。

自分の国で成功出来ない人は、ヨソの国に来たって成功者にはなれないって。

何故理解出来ないんだろ……

中国人を知ろう!
中国人を知っている人なら、何を今更・・・という物足りなさを感じるが、真剣に「どうして純粋な学生が?」と疑問に思う人には、分かりやすく書いてあると思います。ただ、日本=金持ち・中国=貧乏という構図は間違っていると思う。国籍に関係なく、自分より金持ち=襲撃の対象・自分=捕まらない限り何をしても犯罪ではない、というのが
彼らの考え方。証拠は現在の中国国内で起こっている、金目的の経営者誘拐数。被害者も加害者も中国人だけど、事件数は世界1位です。
日本で起きた事件は、たまたま、犯罪者が日本にいたということだけのような気がします。そういう意味では、少し古い分析という感じでした。

在日中国人犯罪三文記事
サブタイトル通りの内容。
重複して犯罪を犯した中国人を読むと、日本=金持ちになれる発想に首を傾げたくなる。
華僑や親類縁者の結束が強固な中国で、日本の真実が一切語られずに
こんな安直な図式だけを信じているんだろうか?
日本での中国人犯罪で恩恵を授かるために、貧しい中国人の図式を植えつけようとしてるのか?

ピックアップ

関連エントリー

嫌韓書店Top >  在日 >  喪家の狗(そうかのいぬ) 実録!在日中国人残虐犯罪

カテゴリー

ピックアップ