嫌韓書店Top >  在日 >  鬼哭啾啾―「楽園」に帰還した私の家族

鬼哭啾啾―「楽園」に帰還した私の家族

鬼哭啾啾―「楽園」に帰還した私の家族
辛 淑玉
鬼哭啾啾―「楽園」に帰還した私の家族
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 220102位
おすすめ度:
発売日: 2003-05
発売元: 解放出版社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

国際指名手配犯の書
既に大概の人間は知っている
辛淑玉は国際指名手配犯であり犯罪者である

さて筆者は「強制連行」と云う言葉を巧みに使用しているが
強制連行についてはまったく根拠と成り得る立証が行はれていない

彼は工作員であり北朝鮮の狗にすぎず
果たして「事実であるか?」と云う疑問は拭い去る事は出来ない
この本は国際指名手配犯の思考として読むのが一番かもしれない
いや、北朝鮮の宣伝用書物と考えるべきだろう。

少なくともこの本は理論も無ければ根拠も無い
被害妄想と対日宣伝から生まれた「小説」だろう

内省?
 思いつきと聞いただけをあわせて書物にしてある。論拠の無さは致命的。学問の世界が聞き取りと内省だけで済むようになって久しいがまさにそれをあらわしている書物といえよう。
 何より数多くの新聞、学者が彼女の家族を楽園を帰すよう「画策」「扇動」したわけだが。なぜかそこは到達しない。
 自らのアインデンティティを探す為なのだろうが・・・。自分探し系の本としてはよいかもしれない。

これほど「在日」差別が厳しいとは、知りませんでした。
 旧宗主国たる日本が、朝鮮半島問題、とりわけ「在日」の差別の問題に、緘黙を決め込んでいるのは、犯罪的であり、恥ずべきことであると
正直思った。日本人全員が読むべき本だと思った。
 植民地時代がよかったの何の、言ってる与太連中。「過去」を美化しても無意味だと思うだけど、彼らには届かないだろうし、この書を手にすることすらないであろう。「現実」思考、「未来」思考で、北朝鮮の体制を破壊することを、考えるべきなのが先ではないのか?そのためにも日韓の協調体制がどうしても必要であるし、構築するのが政治的急務だと思うのだけれども、政治は「新しい歴史教科書を作る会」という名の”古い”人間に振り回されて、膠着化してしまっている。
 

ピックアップ

関連エントリー

嫌韓書店Top >  在日 >  鬼哭啾啾―「楽園」に帰還した私の家族

カテゴリー

ピックアップ