嫌韓書店Top >  在日 >  「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質

「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質

「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質
田久保 忠衛
「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質
定価: ¥ 500
販売価格: ¥ 500
人気ランキング: 153702位
おすすめ度:
発売日: 2000-12
発売元: 小学館
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

日本だからこそ起きた問題
日本に於ける在日外国人参政権問題は、世界的普遍性を持った問題でないと言うことがよくわかる。それはあくまで、日本対在日外国人の問題でなく、日本対民団の問題だからである(総連は在日同胞の同化を促すものとして、参政権付与に反対している)。国家観を曖昧にしてきた日本という国に、日本人にも在日外国人にもなりきれない在日韓国人がいるからこそ起きた問題で、本来議論すべきは「国家とは如何にあるべきか」と「在日韓国人のアイデンティティ」であり、そこを明確にしない限り、不毛な議論が続くと思う。
編著者である田久保忠衛氏の書き下ろしが最初の1/4を占めている以外、他は転載や引用が主なので、全体的なまとまりに欠ける。特に、論点はもっと整理する必要があると思うので、☆は4つとする。

目から鱗
著者として多くの名前が並んでいますが、個人は
産経新聞からの転載、団体は公式文章からの引用が
ほとんどで書き下ろしはあまりありません。
かなりの紙幅を使って在日韓国・朝鮮人1世は強制連行に
よって連れてこられた人々ではないこと、日本国籍を
戦後にはく奪したのは日本政府ではなかったことが
述べられています。
個人的に「目から鱗」であったのは、「永住外国人は
納税している」という主張に対し、「納税の対価は
行政サービスである」、「『日本国民』である限り
納税の有無や納税金額の多い、少ないに関係なく
参政権は付与されていることを考えれば納税と
参政権に何のかかわりもないことは一目瞭然」という
反論でした。
野中広務氏が外国人参政権運動でも大きな成果を果たして
いたことがよくわかったのも収穫でした。
このほかにも得るところの多い本でしたが、地の文章と
全文引用、部分引用がごちゃごちゃに混じり合う第2章は
非常に読みにくかったので星1つマイナスです。

ピックアップ

関連エントリー

嫌韓書店Top >  在日 >  「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質

カテゴリー

ピックアップ